新潟ジャズストリートとは

ホーム > 新潟ジャズストリートについて

 

 

新潟のまちを明るく元気に!そして音楽溢れる楽しいまちにしたい!そんな願いからはじまった音楽イベントが新潟ジャズストリートです。

地元のお店やコンサート施設などがライブ会場となり、地元ミュージシャンや遠方からのゲスト・ミュージシャンが集まり、様々なスタイルのJAZZとその周辺の音楽の演奏を繰り広げます。フリーパスチケットで全会場を自由に出入りできます。この一日、新潟の街は音楽のテーマパークになり、大人も子供も一緒になって「音楽の街」を楽しみます。

新潟ジャズストリートは1月と7月の年2回開催の予定です。

夕焼けに染まる萬代橋

 

新潟市とJAZZの深い関係
新潟ジャズストリート”デューク・エリントン・メモリアル”の由来
ジャズストリートの推移

 

ジャズストリートの楽しみ方・攻略法(FAQ)

 


 

新潟市とJAZZの深い関係

 

新潟はジャズの故郷ミシシッピー川のような大河信濃川が悠然と流れている港町です。海を越えて運ばれてくる舶来の物・人をおおらかに受け入れる気質と好奇心に富んだ気風があったようです。

昔からなぜかジャズが盛んで、演奏者も愛好家もジャズ関係の店舗も多い土地柄です。その大きな理由として第2次世界大戦後の進駐軍とアメリカ文化センターの存在があります。戦勝国の陽気なヤンキーがジャズとともに上陸したのです。新潟市にも進駐軍が駐留、アメリカ文化センターでは日夜アメリカ文化の紹介として盛んにジャズのコンサートや放送が行われたそうです。進駐軍クラブでは、日本人ミュージシャンが演奏に招聘され、兵役中の米国ミュージシャンや慰問軍の演奏を聴く機会や、セッションのチャンスもあったようです。

また、港町新潟はキャバレー・クラブ等が多く、たくさんのバンドが活躍していました。新潟へ行けばジャズが演奏できる。との噂があり、多くのミュージシャンが仕事で新潟に来ました。彼らは仕事としての演奏の他、自分たちのやりたい音楽をやれる場を求めていました。営業時間外の店舗でのセッションも盛んだったようです。

ジャズの公演も地方都市としては多く、新潟市名誉市民のデューク・エリントンと彼の楽団を始めチャーリー・ミンガス、ビル・エバンス、マイルス・デイビス、セシル・テイラー、マッコイ・タイナー、キース・ジャレット、ソニー・ロリンズ等、ほとんどのジャズ・ジャイアント達が来港しています。現在は、ジャズ喫茶やライブハウス、ホテル、レストラン、ホールなどでライブが盛んに催される他、2003年1月より「新潟ジャズストリート」が毎年1月と7月の年2回開催されています。街中にジャズが響き渡るこの日、新潟は「ジャズの街」に様変わりします。

 

 


 

新潟ジャズストリート”デューク・エリントン・メモリアル”の由来

 

デューク・エリントン(1899-1974)は、50年の長きに渡って、自らの楽団を率いて演奏活動を行い、数多くの作・編曲を創作し、ニューヨークを拠点に度重なる海外演奏や数百種類を数えるレコードを通じて世界的な名声を得た有名なバンドリーダーです。彼の代表作である「A列車で行こう」「キャラバン」「サテンドール」「スィングしなけりゃ意味ないね」などの曲はジャズをあまり知らない人でもどこかで聴いたことがあるはずです。

実は、この有名なジャズの巨人であるデューク・エリントンは、新潟市の国際親善名誉市民なのです。

昭和39年6月16日に発生した新潟地震の直後に来日し、楽団を率いて日本公演中だったエリントンは、新潟の惨状を聞き、次に予定されていたハワイ公演をキャンセルし、同年7月8日に東京・厚生年金ホールで「新潟地震救済資金募集・特別コンサート」を開催、収益金をすべて新潟市に贈りました。

新潟市は感謝の意を込めて、2年後の昭和41年5月、エリントンが再来日した際に「国際親善名誉市民」の称号を贈りました。エリントンは「これまで音楽家として頂いた賞は随分ありますが、名誉市民というのは初めて」とうれしそうだったそうです。当時の渡辺市長が「3度目の来日の際は是非新潟にも来て下さい」と言うと「是非おじゃましたい」と約束したそうです。それから4年後、3度目の来日で念願の新潟でのコンサートが実現しました。さらに4年後、ジャズの巨星は75歳で天国に召されました。

デューク・エリントンの温かい思い出が、新潟のジャズを、新潟ジャズストリートを、どこかで支えているような気がします。

 

 


 

ジャズストリートの推移

 

回数 開催日 会場数 有料観客数
(人)
出演者数
(人)
JASRAC
(円)
備考
第1回 2003.1.22 11(S1) 716 60 142,800 -
第2回 2003.7.11 14(S3) 1,406 181 195,300 -
第3回 2004.1.18 20(−) 1,330 154 86,100 -
第4回
2DAYS
2004.6.12 19(S2) 1,008 158 44,625 -
2004.6.13 6(S3) 726 98 27,657 -
JAZZAID
(チャリティ)
2004.8.29 12( - ) 393 69 31,500 義援金
470,000円
第5回 2005.1.22 15( - ) 1,204 158 0 義援金
604,135円
第6回 2005.7.16 21(S1) 1,625 308 52,500 -
第7回 2006.1.21 16( - ) 1,424 281 40,000 義援金
81,929円
第8回
2DAYS
2006.7.15 19(S1) 1,120 345 50,137 -
2006.7.16 18(S1) 1,080 278 45,150 -
第9回 2007.1.20 21( - ) 1,770 239 55,125 -
春、祝祭
2DAYS
2007.4.28 3(S2) 678 64 20,475 -
2007.4.29 21(S3) 1073 394 55,125 -
第10回
2DAYS
2007.7.14 18(S3) 1,107 246 47,250 -
2007.7.15 19(S3) 1,248 320 49,875 -
JAZZAID
(チャリティ)
2007.9.2 11( - ) 515 128 0 義援金
400,000円
第11回 2008.1.19 23(−) 1,713 335 11,813 ユニセフ
20,000円
第12回
2DAYS
2008.7.19 19 (S5) 1,652 467 26,617 ユニセフ
30,000円
2008.7.20 20 (S5) 1,611 378
第13回 2009.1.24 23(S2) 2,007 447 26,775 ユニセフ
20,000円
第14回
2DAYS
2009.7.18 21 (S5) 1,435 381 41,160 ユニセフ
30,000円
2009.7.19 25 (S5) 2,020 606
第15回 2010.1.23 27 (S1) 2,208 492 26,250 ユニセフ
20,000円
第16回
2DAYS
2010.7.17 30 (S7) 1,656 554 41,160 ユニセフ
34,367円
2010.7.18 34 (S6) 1,913 792
第17回 2011.1.22 32 (S2) 2,152 499 25,410 ユニセフ
20,000円
第18回
2DAYS
2011.7.16 31(S4)

1,690

585

59,430

東日本大震災 新潟県民募金

100,000円

2011.7.17 31(S4) 1,834 648
第19回 2012.1.21 30(-) 2,368 655 27,720 赤い羽根 東日本大震災募金
20,000円
第20回
2DAYS
2012.7.14 32(S4)

1,716

548

72,187

中央募金会20,000

2012.7.15 32(S4) 2,073 793
第21回 2013.1.19 30(−) 2,278 771 36,750 中央募金会10,000
第22回
2DAYS
2013.7.13 28(S3)

1,530

605

69,562

中央募金会20,000

2013.7.14 29(S3) 2,045 764
第23回 2014.1.18 28(S1) 2,244 778 34,125 中央募金会10,000
第24回
2DAYS
2014.07.13 プレ(S2)

0

30

87,750

中央募金会10,000

2014.07.19 30(S3) 1,570 624
2014.07.20 33(S4) 1,880 753
第25回 2015.01.17 31(S2) 2,139 779 44,280 中央募金会10,000
第26回
2DAYS

2015.07.12

プレ(S2)

0

37

87,210

中央募金会10,000

2015.07.18 32(S4)

1,648

698

2015.07.19 30(S3) 1,955 789
第27回 2016.01.17 28(S2) 2,137 774 36,750 中央募金会10,000
第28回
2DAYS

2016.07.10

プレ(S2)

0

37

83,040

熊本地震 51,221

2016.07.16 28(S3)

1,708

666

2016.07.17 30(S2) 1,899 765

※ 会場数の「S」: 無料会場数です。

※ 募金について: 新潟ジャズストリート実行委員会では、2004年のJAZZAIDから音楽によるチャリティを実施してまいりました。JAZZAIDは三条水害復興支援として。第5回は中越地震復興支援として。第7回はJAZZの故郷ニューオーリンズ・カトリーナへハリケーンの復興支援として。2007年JAZZAIDでは中越沖地震復興支援として。11回〜17回はユニセフ募金。18回は東日本大震災新潟県民募金、19回は赤い羽根東日本大震災募金、20回〜27回は中央募金会に、28回は熊本地震復興支援としてそれぞれ寄付させていただきました。皆様のあたたかいご支援とご協力に厚く感謝申し上げます。